主な活動内容
選手・チームへ向けたアスリートヨガ認定指導員の紹介
           
トレーナー、ヨガ講師へ向けた講座・セミナー・育成・資格付与
           
企業へ向けた体験活動・技術研究開発及び、アスリート界でのヨガの効果的な活用法についての研究

略歴
2015年
12月 日本ラグビー・フットボール協会主催 秩父宮ラグビー場ヨガ開催

2016年
1月 上越国際スキー場スキースクールウォームアップ雪上ヨガ開始
5月 学研ソトイコスポーツフェスタアスリートヨガ開催
7月 全日本スキー連盟スノーボードチーム合宿指導開始
8月 FC東京2016キッズクラブフェスティバルpresented by 森ビル ヨガ体験会
10月 FC東京VS鹿島アントラーズヨガチケ販売
12月 初級アスリートヨガ指導員資格講座開設

2017年
2月 武道館YOGAJAPAN観覧席イスヨガ開催
5月 青山スポーツ祭アスリートヨガ開催
   ホノルルトライアスロンアスリートヨガ開始
6月 早稲田大学スポーツ科学研究センター他、各専門家と共同研究開始
  枝 伸彦(早稲田大学スポーツ科学学術院助教)
  新井 彬子(東京理科大学経営学部助教)
  上田 大(文教大学健康栄養学部准教授)
  法政大学アメリカンフットボール部定期導入開始
7月 研究経過ヨガ専門誌「Yogini」にて連載開始
9月 岩手県スポーツ振興課 指導者アスリートヨガ講習開催
   Yogafest横浜アスリートヨガ指導員クラス開催
   茅ヶ崎ビーチクラブアスリートヨガイベント導入開始
10月 東京2020公認青山スポーツフェス アスリートヨガ開催
11月 日本臨床スポーツ医学会シンポジウム発表
  「スポーツにおけるヨガ・ピラティスの可能性」

2018年
1月 いわきFC アスリートヨガ定期導入開始
1月 外苑前スポーツとアスリートヨガ体験イベント定期開催開始
2月 レノファ山口タイキャンプ帯同
  滋賀県競技力向上対策本部主催 女性アスリート贅沢1DAYセミナー開催
  兵庫県生涯スポーツ指導者研修会開催
9月 スタンフォード大学共同研究開始(スリープドクター ローゲンシュナイダー)
  アスリートヨガフェス2018開催
11月日本臨床スポーツ医学会シンポジウム発表
 「ヨガが高強度運動後の免疫機能及び自律神経活動に及ぼす影響」
  第23回青森県高等学校体育連盟研究大会アスリートヨガ開催
12月〜 YogaforAthletes@渋谷ストリームTORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT
  定期イベント開始

セミナー・カンファレンス

「日本スポーツ協会公認スポーツ指導者義務研修認定事業」として開催(2018年8月〜)

2016年
4月 第1回一般社団法人アスリートヨガセミナー開催「これからの活動について」
6月 第2回セミナー開催「指導者のルール」(澤井和彦)
8月 第3回セミナー開催「現場での活用法」(ケンハラクマ・高尾美穂・今井美紀)
9月 第1回アスリートヨガカンファレンス開催「睡眠の質」
10月 第4回セミナー開催「個別指導の重要性」(車いすテニス本間正広)
12月 第5回セミナー開催「呼吸とメンタル」(あきりさほ)

2017年
2月 第6回セミナー開催「アスリートの栄養とヨガ」(佐藤彩香)
4月 第7回セミナー開催「トレーナーから見たヨガの可能性」(友岡和彦)
6月 第8回セミナー開催「科学的に見たアスリートヨガの効果」(枝伸彦・新井彬子)
8月 第9回セミナー開催「ジュニア期の指導」(引原有輝)
9月 第2回アスリートヨガカンファレンス開催「免疫力」
10月 第10回セミナー開催「脳科学から見たアスリートヨガ」(高尾洋之)
12月 第11回セミナー開催「ゾーン体験とヨガの可能性」(星翔太・坪井保菜美)

2018年
2月 第12回セミナー開催「ランニングと瞑想の可能性-ランにおけるヨガとは」(細野史晃)
4月 第13回セミナー開催「整形外科から見たアスリートヨガ」(中村格子)
6月 第14回セミナー開催「理学療法から見たアスリートヨガ」(山本尚司)
8月 第15回セミナー開催「小児医学から見たアスリートヨガ」(友利杏奈)
10月 第16回セミナー開催「海外視察から見たアスリートヨガ」(高尾美穂)
12月 第17回セミナー開催「NYレッドブルズ日本人トレーナーから学ぶ」(KEI UTSUMI)
   ジュニアアスリートヨガコーチ養成講座新設

2019年
2月 第18回セミナー開催「トレーナーの視点とアスリートヨガ」(友岡和彦)

  • DSCN0462
    指導目的
    怪我予防 / リラクゼーション / 体力向上
    担当競技
    その他
    担当チーム
    アウトドアイベントでのヨガ
    自身のライフワークの登山ヨガをはじめ、ビーチや公園でヨガを行っています。初心者から安全に身体を動かせるヨガをお伝えしています。
  • PIC00012C
    指導目的
    柔軟性向上 / 疲労回復力向上 / 体幹力向上
    担当競技
    自転車
    担当チーム
    サイクルイベントでのヨガ
    ヨガの目的は柔軟性向上のみにとどまらず、疲労回復や体幹力アップにも効果があります。自転車における必要な筋肉の柔軟性や体幹力向上のヨガを行いました。
  • 5
    指導目的
    コンディショニング全般 / 疲労回復力向上
    担当競技
    陸上・サッカー・バレーボール
    担当チーム
    看護師さんがリラックスできるヨガ体験
    忙しい業務と人の命を守る責任感からストレスの多い日々を過ごしている看護師さんが多くいらっしゃいます。運動する事の大切さと、ヨガの効果を説明し、長時間の立位姿勢・座位姿勢に共通する疲れや痛みに対し、自宅で出来るヨガのポーズをアスリートヨガの観点から紹介しました。また実際にヨガを行い、体と心の変化を感じていただきました。
  • IMG_6212
    指導目的
    柔軟性向上 / 怪我予防 / 体幹力向上
    担当競技
    陸上・テニス・バレーボール・野球
    担当チーム
    中学生へのコアトレーニング
    野球部・バレー部・陸上部・テニス部・吹奏楽部などの部活動生を対象にしたコアトレーニング指導を行いました。各部に共通する「長く姿勢を保つこと」「構えの姿勢」の体幹の使い方を練習しました。きつい運動を頑張ればよいと思っている学生が多く、瞬発的な力を出すトレーニングと分けて考えるように指導しました。
  • 自転車愛好家ヨガ
    指導目的
    ウォームアップ全般 / コンディショニング全般 / クールダウン全般 / 集中力向上 / 柔軟性向上 / 怪我予防 / 筋力アップ(上半身) / 筋力アップ(下半身) / 体幹力向上 / 感覚機能向上 / 体力向上 / 姿勢改善
    担当競技
    自転車
    担当チーム
    自転車と楽しむストリートヨガ
    自転車に乗る前に必要なウォームアップ、走行中に必要な姿勢に導く体幹力や柔軟性の調整、自転車を降りた後にケアすべき部位に着目したクールダウンなどを 自転車愛好家の方々へ指導。
  • o69eb9dcaff6754db48e7c57f8693cd7d_37446237_190214_0005
    指導目的
    ウォームアップ全般 / コンディショニング全般 / クールダウン全般 / 精神力向上 / 集中力向上 / 柔軟性向上 / 怪我予防 / リラクゼーション / 疲労回復力向上 / 筋力アップ(下半身) / 体幹力向上 / バランス感覚向上 / 姿勢改善
    担当競技
    スケート
    担当チーム
    フィギュアスケート×ヨガ
    ウォーミングアップ、トレーニングの一環として、バランスポーズ等で体感や体の使い方を指導。フィギュアスケートのあらゆる技やポーズに関して、ヨガのアーサナを例えに伝える他、疲労回復のクールダウンにも活用。(講師:吉川英里)
  • Sm0J68im
    指導目的
    ウォームアップ全般 / コンディショニング全般 / 精神力向上 / 集中力向上 / 柔軟性向上 / 怪我予防 / チームワーク向上 / リラクゼーション / 筋力アップ(上半身) / 筋力アップ(下半身) / 体幹力向上 / バランス感覚向上 / 体力向上 / 免疫力向上 / 体型コントロール / 姿勢改善
    担当競技
    その他
    担当チーム
    小学校×ヨガ
    学校の教室でできるような「イスのストレッチ」「立位ストレッチ」「リズムトレーニング」の中にヨガのポーズを取り入れて実施。発育期の特徴と栄養と休養、運動との関連性などの講義も行う。(講師:能由美)
  • 51745082_373428936784316_2926811270654984192_n
    指導目的
    ウォームアップ全般 / コンディショニング全般 / 集中力向上 / 怪我予防 / チームワーク向上 / バランス感覚向上 / 感覚機能向上 / 体力向上
    担当競技
    テニス
    担当チーム
    テニス×ヨガ
    高校のテニス部では、気分良く1日がスタートできるように、朝食前のヨガプラクティスを取り入れている。 気候が良い時は空気の綺麗な外で、条件が揃わない時はトレーニングルームにてプラクティスを実施。太陽礼拝と3〜4のアーサナを30分位、週に3〜4日行う。ヨガのプラクティスは講師や生徒たちがリード当番をきめて順番に行っている。 (講師:勝見志津)
  • 51675442_318869095422793_5747729031705395200_n
    指導目的
    コンディショニング全般 / クールダウン全般 / 柔軟性向上 / 怪我予防 / リラクゼーション / 疲労回復力向上 / 睡眠の質向上 / 感覚機能向上
    担当競技
    ラグビー
    担当チーム
    ラグビー×ヨガ
    明治大学ラグビー部では怪我予防のエクササイズや試合後のリカバリーとしてヨガを取り入れています。怪我予防のエクササイズでは、主に胸郭・股関節周りの可動域の改善を行い、肩・腰・膝などの怪我予防を行っています。またリカバリーでは、試合翌日に15分程度のヨガと交代浴を行いコンディショニングを行うことで、疲労を残すことなく次の試合の準備をすることが出来ます。連戦が続く時期がありましたが、怪我予防やリカバリーがうまくいき、22年ぶりの大学日本一を達成する事が出来ました。 (講師:関口純裕)
  • IMG_9995
    指導目的
    ウォームアップ全般 / コンディショニング全般 / クールダウン全般 / 精神力向上 / 集中力向上 / 柔軟性向上 / 怪我予防 / 呼吸器官機能向上 / リラクゼーション / 疲労回復力向上 / 睡眠の質向上 / 体幹力向上 / バランス感覚向上 / 感覚機能向上 / 体力向上 / 免疫力向上 / 姿勢改善
    担当競技
    陸上・水泳・自転車・トライアスロン・その他
    担当チーム
    トライアスロン×ヨガ
    ホノルルトライアスロンの参加者へ向けた大会前日のコンディショニングヨガ。 渡航の疲れと時差による心身の乱れを整え、翌日の大会へ向けて練習の成果を最大限発揮できる状態へと促す。(講師:ケンハラクマ)