ジュニアアスリートヨガコーチ養成講座

【日程】
2018年
12月8日(土)9時〜13時(1日目実技・座学)
12月9日(日)9時〜13時(2日目実技・座学)

受付終了しました。

【目的】
小学生から高校生までのアスリートに発達発育の個人差や個性を尊重し、生涯、運動やスポーツに親しみ健全な心身を培うためのヨガ指導の基礎知識と技術を深めるための講座。日常的に子どもに関わる指導者が、アスリートヨガの視点から指導の幅を広げることを目指します。

【内容】
飽きない、楽しい体験を通して心身を鍛え、メンバーで支え合い、ルールを守るように促す技術を身につける。フィジカル面ではストレングス、フレキシビリティ、バランスの3つの軸で体力づくりの基礎となるポーズを学び、メンタル面ではチャレンジ精神、コミュニケーション能力、チームワークをゲーム感覚で学びながら成功体験を培うための指導の考え方、基礎技術を習得するため、子どもの発達発育とスポーツに関する座学、および小児医学的な見地から見たヨガとスポーツ、メンタル面での活用法などを学ぶ。

【受講条件】
下記いずれかに該当する者
初級アスリートヨガ指導員資格取得者
日本スポーツ協会公認スポーツ指導者で、ジュニア・ユース指導に100時間以上の実務経験がある者
保育士、幼稚園教諭、教員免許取得者で100時間以上の実務経験がある者

【対象者】:教育従事者・スポーツ指導者・トレーナー・ドクター・ヨガ講師・スポーツ関連事業者など

この研修会は、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者の資格更新のための義務研修となります。ただし、水泳、サッカー、テニス、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(上級コーチのみ)、チアリーディング(コーチのみ)、スクーバ・ダイビング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー、プロゴルフ(教師・上級教師)、プロテニス、プロスキーの資格者については、別に定められた条件を満たさなければ資格を更新できません(平成30年4月1日現在)

【定員】
20名

【場所】
IYC表参道2階
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5−47−3 

【認定条件】下記全て
・全日程受講後、指定のレポート提出の基準点合格 
・ 普通救命講習Ⅲ
 小児、乳幼児、新生児に対する心肺蘇生とAEDの使用方法を主体とした3時間の講習取得 
  各自治体の消防署などで取得頂けます。自治体により名称が違う場合もございます。
   未成年に対してAEDが現場で使用できる資格であることをご確認ください。  
・初級アスリートヨガ指導員資格
*講座受講後に取得してから申請頂いても構いません。

【講師】
ケン・ハラクマ
高尾美穂(スポーツドクター・1時間のみ座学担当)
引原有輝(千葉工業大学・1時間のみ座学担当)

【料金】
85,000円(テキスト・ヨガマット・受験料再試料込み)全額振込時に申し込みが確定します。
初級アスリートヨガ指導員養成講座卒業生は割引がございます。
ご一報ください。

【申込】
2018年10月17日(水)〜定員に達し次第終了

受付終了しました。

【持ち物】
筆記用具・テキスト(事前に発送)・動きやすい服装

* ********資格認定について******************
一般社団法人アスリートヨガ事務局は、アスリートに正しく安全な知識を持って
ヨガを指導することができる基礎知識を養成講座にてお伝えしておりますが、
スポーツ指導に関する一般的な知識、教育に関する知識、現場での救命に関する知識は
別途ご自身でお勉強頂いた上で現場でご活用頂いております。
_______________________________
ご自身のお勉強のためのみということでしたら、
養成講座を2日間受講頂き、レポート提出で基準点に合格されましたら
ジュニアアスリートヨガコーチ養成講座卒業という肩書きになります。
ただし、こちらは「資格認定」ではございません。
_______________________________
ジュニアアスリートヨガコーチとして資格を取得されたい場合は、
養成講座の受講、レポート基準点合格の他に、上記【認定条件】の資格を取得され、
全て揃った段階で認定証を発行し資格取得となります。
取得に期限はございません。

本講座の受付は終了致しました。
ご質問がある方は下記からお問い合わせ下さい。

お問い合わせ